初めての試練

多くの子どもたちは、中学3年生で受験という試練と向き合います。もちろん、高校進学を選ばないという道もありますし、すでに小学生で中学受験を経験した子どももいるでしょう。しかし、高校受験ともなると、自分の意思というものがでてきますので、ちょっと意味合いが違ってくるかと思います。つまり、将来を見据えた選択ができるわけです。そこには、多くの場合、その先の自分を想像することになります。もしここで自分が望んだ高校へ進学できないとなると、初めての挫折感を味わうことも少なくありません。大人にとってはそんなことで人生が決まるわけではないと思うかもしれませんが、中学生にとっては、初めての大きな選択をした結果ですので、心のショックも大きくなってしまうのです。そんなことがないように、大人は子どもをサポートしてあげる必要があります。第一志望校に合格できるように、できることはしてあげましょう。中学生は頭も柔軟で、吸収力もあるので、少し背中を押してあげれば、ものすごく伸びるものです。受験勉強もやり方さえ工夫すれば、あっという間に志望校に近づくことができます。受験勉強に必要なのは、量より質です。ある一定の法則に則って出題されるので、過去問題集で勉強するのが一番です。高校入試過去問 は都道府県別に発刊されているので、対象のものを購入して対策しましょう。

雰囲気作り

クリスマスの雰囲気を出してくれるのは、ツリーです。これがなくてな始まりません。お庭にもみの木があれば、それに大々的にイルミネーションできたら、どんなに素敵なクリスマスになることでしょう。日本の住宅事情ではまず無理なので、現実的な世界に話を戻しましょう。庭がむりでもできるだけ、ツリーは用意したいですね。お部屋の中におけるけど、許す限りの高さがあるものがいいですね。子供の身長よりも高いものが用意できればよしとしましょう。ですから、150センチもあれば十分でしょう。子供からしてみたら、なんて大きな木なんだろうと思うはずです。子供の身長が150センチを超える頃には、サンタさんの存在も信じなくなっていますから、その後のことを考える必要はありません。さて、ツリーの用意ができたら、飾りつけはお子様と一緒にやられてください。変な風になってもかまいません。お子様のアイデア優先で行ってください。赤が固まりすぎだとか、そんなものを飾るのはおかしいだとか、色々と口をはさみたくなるのはわかります。でも、お子様は、サンタクロースが自分のところへやってくるようにという願いを込めて飾り付けているのです。そんなときは、自分が子供の頃のことを思い出してみてください。イルミネーションも忘れずに取り付けてくださいね。きっと良い思いでに残るでしょう。

初詣

一年の計は元旦にありということわざがあります。その年の計画は、元旦に決めておくのがいいよということなんですが、あなたはどうですか? 初詣に出かけて、一年の抱負を誓ってくるのもいいですよね。何もお願い事をするばかりではありません。「私は、○○になります」とか「合格します」という宣言をしましょう。 初詣イメージ

おせち料理

お正月は縁起をかついで包丁を使いません。切ってはいけないことから、作り置きして保存できるおせち料理が食べられるようになったそうです。味付けが甘くて濃いのは保存か効くようにということなんですね。 おせち料理イメージ

靴下を吊るす

靴下の中にプレゼントを入れてもらうために、子供たちは靴下を吊る下げます。お子様が欲しいプレゼントが大きいと入らないのではないかと心配するお子様がいます。真剣に考えているんですよ。入らなかったら、持って帰っちゃうんじゃないかって。そんなときは、サンタさんは靴下の下に置いていってくれるから大丈夫だよ。とお話してあげてください。大きな靴下を用意するんだと言われると困りますからね。 靴下を吊るすイメージ