初めての試練

多くの子どもたちは、中学3年生で受験という試練と向き合います。もちろん、高校進学を選ばないという道もありますし、すでに小学生で中学受験を経験した子どももいるでしょう。しかし、高校受験ともなると、自分の意思というものがでてきますので、ちょっと意味合いが違ってくるかと思います。つまり、将来を見据えた選択ができるわけです。そこには、多くの場合、その先の自分を想像することになります。もしここで自分が望んだ高校へ進学できないとなると、初めての挫折感を味わうことも少なくありません。大人にとってはそんなことで人生が決まるわけではないと思うかもしれませんが、中学生にとっては、初めての大きな選択をした結果ですので、心のショックも大きくなってしまうのです。そんなことがないように、大人は子どもをサポートしてあげる必要があります。第一志望校に合格できるように、できることはしてあげましょう。中学生は頭も柔軟で、吸収力もあるので、少し背中を押してあげれば、ものすごく伸びるものです。受験勉強もやり方さえ工夫すれば、あっという間に志望校に近づくことができます。受験勉強に必要なのは、量より質です。ある一定の法則に則って出題されるので、過去問題集で勉強するのが一番です。高校入試過去問 は都道府県別に発刊されているので、対象のものを購入して対策しましょう。