都立高校卒業後の就職

高卒で一流企業を狙う

みなさんは、高校をどのような基準で選びましたか?
どの都立高校を受験するか、親にしても子供にしても、少しでも頭の良い学校を狙いたいというのが本音だと思います。
一応口では、「都立ならどこでもいい」なんて言ってはいますけど、本心は「○○高校なんだ〜頭がいいのね〜」なんて言われたいな〜と思うんです。
どこの高校を卒業したという経歴は、途中で変えることができません。
卒業高校の学校名は履歴書にも記載しますしね。一生ついて回るんです。

 

でも、大事なのは高校に入ってからの学校生活とその後の進路です。
大学へ進学するのか、高校卒業後就職するのかによっても選ぶ高校は違ってきますよね。
就職を考えているのなら、進学校に入るよりも、専門性が身につく学校に入ったほうが、より良い条件で就職できますから。

 

高卒でも、大卒者が内定をもらうのも難しい一流企業に就職することも可能なんです。
四年制の大学を卒業して二流三流の会社に就職するのか、高卒で一流企業に就職するのか、どちらが良いとは言えませんが。

 

そのためには、高校選びが重要になります。
まず、各高校の卒業生の就職先を調べます。
景気の良し悪しで変わることもありますが、だいたい毎年同じ求人が学校に来ます。

 

学校側は、求人内容に合致している生徒を推薦します。
成績だったり、内申だったり、します。
たとえば、「毎年一人だけ内定します」という会社だったら、その会社を受験したい人の中で、一番の成績を収めていなければなりません。
ですから、三年間の学校生活をしっかりすごすことが大事になります。
でも大学卒よりも、受験勉強は少なくてすみますし、内定がもらえる確率はそうとう高いです。
大学に入学しても、就職活動が二〜三年生から始まりますし、試験科目も多種多様になります。その中から数百倍という倍率を勝ち取らなければならないことを考えれば、高卒で一流企業を狙ったほうが賢い選択です。